ダイハツ ウェイク最新情報局 〜細部まで徹底レビュー〜

ダイハツから発売されるウルトラハイト系ワゴンのウェイク/デカデカ(DECA DECA)。試乗の感想・口コミ、評価から欠点まで徹底的にレビューします。
 

2015年07月10日

違いは何かある!?|ウェイクとOEM車のピクシル メガ

ウェイク画像00004.jpg

ダイハツから発売されているウェイク(WAKE)のOEM車が
トヨタから発売されましたね。

ちなみに、トヨタから発売されるウェイク(WAKE)の名前は、
"ピクシル メガ"のようです。


ちなみに、このOEM車とは、相手先ブランドのクルマを製造して、
供給すること。
つまり、今回のケースでは、ダイハツがトヨタのクルマを作って
提供している事になります。

そこで気になるのは、ウェイク(WAKE)と"ピクシル メガ"の
機能・装備の違いですよね。


先日、ダイハツとトヨタのディーラーさんに話を聞いてきたのですが、
この2台では、機能面・装備面に大きな違いは無いようです。
また、見た目もこのようにソックリ。

ピクシルメガ0003.jpg

価格面でもウェイク(WAKE)と"ピクシル メガ"では、
全く同じようになっています。

また、OEM車によっては、カラーバリエーションなどに多少違いが
あるようですが、この2台に限っては、カラーバリエーションも全く同じ。


そんなウェイク(WAKE)と"ピクシル メガ"の唯一の違いは、
登載されているエンブレム。


ウェイク(WAKE)はダイハツから発売されたクルマなので、
当たり前ですが、ダイハツのエンブレムが登載されています。

ウェイク画像00017.jpg

一方、"ピクシル メガ"はトヨタ車として発売されるので、
トヨタのエンブレムが登載されます。

ピクシルメガ0001.jpg

また、ボディの後ろに掲載されている車名も当たり前ながら異なります。


また、ウェイク(WAKE)と"ピクシル メガ"の最上位グレードでは、
ダッシュボードにゴムのシートが標準装備されています。


ウェイク画像00100.jpg

このゴムシートにも車名が掲載されているのですが、
この車名も当たり前の事ですが、異なります。

このようにエンブレムを除いて、見た目も機能も全く同じです。
値引き額もそれ程変わらないので、どちらで購入しても同じです。

家の近所やアフターサービスなど利便性の高いほうで
購入した方が良さそうですね。


ただ、ウェイク(WAKE)と"ピクシル メガ"はOEM関係とは言え、
正直もう少し違いを出してもらいたかったです・・・。



posted by デカデカ at 20:59| ピクシル メガとの違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

ウェイク GとXグレードの違い|お得感があるのはどっち!?

ウェイク画像00005.jpg

ダイハツから発売されている背の高い軽自動車
ウルトラハイト系ワゴンのウェイク(WAKE)。

最近、街中でもこのクルマを見かける機会は、
少しずつ増えてきましたね。

このウェイク(WAKE)で特に人気のグレードは、
最上位グレードのGグレード(G"SA"グレード)、そして、
その一つ下のグレードのXグレード(X"SA"グレード)。

この2つのグレードが人気なのですが、
装備を比べてみると、やはりGグレード(G"SA"グレード)の方が
魅力的ですね。

先日、Gグレード(G"SA"グレード)とXグレード(X"SA"グレード)の
機能の違いが気になったので、ディーラーさんに教えてもらいました。


ウェイク画像00015.jpg

ウェイク(WAKE)のGグレード(G"SA"グレード)のみに装備されている
機能は、このようなモノがあるようです。

・両側パワースライドドア
・本革巻きステアリングホイール
・本革巻きシフトレバー
・15インチアルミホイール
・上下2段調節式デッキボード
・インパネトレー用マット
・フロントドア用スーパーUV&IRカットガラス


やはり最上位グレードのGグレード(G"SA"グレード)の方が
運転を快適にしてくれる装備が数多くついていますね。

この中で、私が特に良いなと思った機能は両側パワースライドドア。
そして、上下2段調節式デッキボードとスーパーUV&IRカットガラス。

ウェイク画像00014.jpg

ウェイク(WAKE)では、最上位グレードのGグレード(G"SA"グレード)のみ
運転席側のスライドドアも電動になります。

やはり両側電動スライドドアの方が便利ですよね。

また、私の妻はやはり運転中の日焼けやシミなどが気になるようで、
フロントドア用スーパーUV&IRカットガラスがあった方が
嬉しいと言っていました。

ウェイク画像00008.jpg

特にウェイク(WAKE)は背が高いクルマなので、
フロントガラスやドアガラスが大きいですからね^^
しっかりとUV(紫外線)カットしてくれた方が嬉しいですよね。


このような機能が装備されていて、ウェイク(WAKE)の最上位グレードの
GグレードとXグレードの価格差は、約8万円。

ディーラさんも言っていましたが、
ウェイク(WAKE)の最上位グレードのGグレードに装備されている機能などと
価格差を比べると、かなりお得な設定になっているようです。

クルマによっては、両側電動スライドドアをつけるだけで、
10万円程度する場合もありますしね。

もし両側電動スライドドアなどが欲しければ、オプションで
装備するよりも、最上位グレードのGグレード(G"SA"グレード)を
購入した方がお得かもしれませんね。

posted by デカデカ at 00:40| グレード設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

運転席の高さの調節が出来ない!?|ウェイク(WAKE)の欠点

ウェイク画像00004.jpg

ダイハツから発売されているウルトラハイト系ワゴンの
ウェイク(WAKE)

室内が広く、収納力が多いことが評判で、売れ行きもなかなか
良いみたいですね。

内装・インパネのデザインはこのように少しプラスチック感・
チープ感がありますが、まずまずのデザイン。

ウェイク画像00015.jpg

ワイルドなウェイク(WAKE)の外装・エクステリアにマッチしていて
良いですよね。
特殊なセンターメーターが気になる人はいると思いますが・・・。

個人的には特に多き案違和感・不満の無いウェイク(WAKE)の内装・
インテリアですが、不満に思ったのは運転席の高さの調整ができない事。

ウェイク画像00104.jpg

ウェイク(WAKE)では、運転席のシートの調整ができるシートリフターや
ハンドルの高さを調整するチルトステアリングが標準装備されていません。


最上位グレードのGグレードや人気のXグレードでも
チルトステアリングやシートリフターは、標準装備されていません。

これはちょっと残念ですよね。
ウェイク(WAKE)にシートリフターやチルトステアリングを装備するには、
オプションの"ドライビングサポートパック"を装備するしかありません。

この"ドライビングサポートパック"のオプション価格は、12,960円。
オプション価格自体はそれ程高くありませんが、
それでも標準装備にしてもらいたかったですよね。

ウェイク画像00105.jpg

また、この"ドライビングサポートパック"にも注意点が・・・。
それは、このオプションは上位グレードのXグレードやGグレードのみ
しか装備できません。

もしウェイク(WAKE)の下位グレードを購入するなら
クッションなどを使って、運転席を調整するしかなさそうですね。

posted by デカデカ at 00:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。