ダイハツ ウェイク最新情報局 〜細部まで徹底レビュー〜

ダイハツから発売されるウルトラハイト系ワゴンのウェイク/デカデカ(DECA DECA)。試乗の感想・口コミ、評価から欠点まで徹底的にレビューします。
 

2015年05月01日

ダイハツ ウェイク(WAKE)の乗り心地|粗い路面の走行には注意!?

ウェイク画像00004.jpg

先日、ダイハツから発売されているウルトラハイト系ワゴンの
ウェイク(WAKE)の試乗に行ってきました。

今回試乗させてもらったのは、
ダイハツ ウェイク(WAKE)のターボ車。

ノンターボ車も含めてウェイク(WAKE)を何度か
試乗させてもらっているのですが、やはり気になるのは乗り心地。


ウェイク画像00012.JPG

ウェイク(WAKE)のターボ車もノンターボを含めて
乗り心地は硬めの設定になっています。


ダイハツのクルマは基本的に柔らかめな乗り心地といった
イメージを持っているのですが、ウェイク(WAKE)はかなり例外的。

ダイハツ ウェイク(WAKE)はウルトラハイト系ワゴンは背が
高いクルマなので、走行を安定させるために、
構造上仕方ないのかもしれませんね。

ウェイク画像00015.jpg

前回、ダイハツ ウェイク(WAKE)で試乗した時は、
キレイに舗装された路上でした。

この場合は、それ程路面のデコボコや乗り心地の固さを
感じるシーンは少なかったです。


しかし、今回は荒れた路面やキメの粗いアスファルトを運転した時
イヤな突き上げ感がハンドルやシートに伝わってきました。

この乗り心地は、最近の軽自動車ではめずらしいくらいの固さです。

ウェイク画像00033.jpg

また、この乗り心地の固さや
路面のデコボコの振動をもろに感じるのは後部座席。


ダイハツ ウェイク(WAKE)の後部座席は、後輪のスグ側という事もあり
運転席よりも乗り心地の固さを感じます。

ウェイク(WAKE)は運転していて、路面の状況をかなり拾いやすいです。
もし試乗をして、ウェイク(WAKE)の乗り心地が気になる方は、
クッションなどを敷いて、対応した方が良いかもしれませんね。



posted by デカデカ at 23:19| ターボ車をした感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。