ダイハツ ウェイク最新情報局 〜細部まで徹底レビュー〜

ダイハツから発売されるウルトラハイト系ワゴンのウェイク/デカデカ(DECA DECA)。試乗の感想・口コミ、評価から欠点まで徹底的にレビューします。
 

2015年06月22日

インパネがオシャレなのはどっち?|ウェイクとハスラーを比較

ウェイク画像00004.jpg

ダイハツから発売されているウルトラハイト系ワゴンの
ウェイク(WAKE)

ボディのサイズなどは異なりますが、ダイハツの
ウェイク(WAKE)の競合車として言われているのが、スズキから
発売されているハスラー(Hustler)ですよね。

ともにアウトドアなどにピッタリという事で、
競合車として扱われています。

そんなダイハツ ウェイク(WAKE)とハスラー(Hustler)ですが、
内装・インパネのデザインは全く異なります。


先日、スズキに行ってハスラー(Hustler)を見てきたので、
この2台のインパネを比べてみたいと思います。

ウェイク(WAKE)のインパネは、このようなデザインになっています。

ウェイク画像00064.jpg

基本的なインパネのデザインはタント(TANTO)と共通。
しかし、ダイハツ ウェイク(WAKE)のワイルドさを出すために
全体的にゴツゴツとしたデザインになっています。


また、プラスチック部分が多く、基本的に質感はあまり高くありません。
また、助手席の前のダッシュボードにはオレンジ模様のゴムマットが
装備されていますが、基本的にブラックの内装カラーになっていました。

ウェイク画像00100.jpg

一方、スズキから発売されているハスラー(Hustler)の
インパネは、このようなデザインです。


今回私がみたハスラー(Hustler)は特別仕様車"Jスタイル(J'style)"の
フェニックスレッドパール×ホワイトの2トーンカラー。

ハスラー画像0003.JPG

ハスラーの場合は、ボディカラーに合わせて
インパネのパネルのカラーをマッチさせています。
なので、今回、私がみたハスラー(Hustler)のインパネは、
赤いカラーになっていました。


ハスラー画像0001.JPG

ちょっとオシャレですよね。
ダイハツ ウェイク(WAKE)がワイルドなデザインなのに対し、
ハスラー(Hustler)は少しポップな感じがしまいた。

ハスラー画像0007.JPG

ここら辺もハスラー(Hustler)が人気の秘訣なのかもしれませんね。
ハスラー(Hustler)を見たら、ウェイク(WAKE)ももう少しポップな感じにしても
良かったのかなと思っちゃいました。



posted by デカデカ at 01:58| ハスラーとの比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。