ダイハツ ウェイク最新情報局 〜細部まで徹底レビュー〜

ダイハツから発売されるウルトラハイト系ワゴンのウェイク/デカデカ(DECA DECA)。試乗の感想・口コミ、評価から欠点まで徹底的にレビューします。
 

カテゴリー:日記

2015年07月01日

運転席の高さの調節が出来ない!?|ウェイク(WAKE)の欠点

ウェイク画像00004.jpg

ダイハツから発売されているウルトラハイト系ワゴンの
ウェイク(WAKE)

室内が広く、収納力が多いことが評判で、売れ行きもなかなか
良いみたいですね。

内装・インパネのデザインはこのように少しプラスチック感・
チープ感がありますが、まずまずのデザイン。

ウェイク画像00015.jpg

ワイルドなウェイク(WAKE)の外装・エクステリアにマッチしていて
良いですよね。
特殊なセンターメーターが気になる人はいると思いますが・・・。

個人的には特に多き案違和感・不満の無いウェイク(WAKE)の内装・
インテリアですが、不満に思ったのは運転席の高さの調整ができない事。

ウェイク画像00104.jpg

ウェイク(WAKE)では、運転席のシートの調整ができるシートリフターや
ハンドルの高さを調整するチルトステアリングが標準装備されていません。


最上位グレードのGグレードや人気のXグレードでも
チルトステアリングやシートリフターは、標準装備されていません。

これはちょっと残念ですよね。
ウェイク(WAKE)にシートリフターやチルトステアリングを装備するには、
オプションの"ドライビングサポートパック"を装備するしかありません。

この"ドライビングサポートパック"のオプション価格は、12,960円。
オプション価格自体はそれ程高くありませんが、
それでも標準装備にしてもらいたかったですよね。

ウェイク画像00105.jpg

また、この"ドライビングサポートパック"にも注意点が・・・。
それは、このオプションは上位グレードのXグレードやGグレードのみ
しか装備できません。

もしウェイク(WAKE)の下位グレードを購入するなら
クッションなどを使って、運転席を調整するしかなさそうですね。



posted by デカデカ at 00:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

乗り心地に違いを感じた?|ウェイク(WAKE)とタントを乗り比べ

ウェイク画像00004.jpg

ダイハツから発売中の背の高い軽自動車ウェイク(WAKE)
同じダイハツから発売されているスーパーハイト系ワゴンの
タント(TANTO)は、よく比較されるみたいですね。

ウェイク(WAKE)の方が男性っぽいクルマでブラック調の
内装・インテリアになっていますが、室内の感じはソックリ
ですからね^^

ウェイク画像00031.jpg

また、センターメーターを搭載しているのも同じ・・・
そこで気になるのは、ウェイク(WAKE)とタント(TANTO)の
乗り心地の違い。


ウェイク画像00012.JPG

私は先日ウェイク(WAKE)とタント(TANTO)を両方とも
試乗させてもらったのですが、それ程乗り心地に
違いを感じませんでした。


目隠しをした状態でクルマに乗せれら、
どちらのクルマを乗っているのか当てろと言われても
わからないくらい、ソックリの乗り心地でした^^


発進時のもっさり感もほとんど変わりなく・・・。

車体重量が重いウェイク(WAKE)の方が加速力や発進時の
モッサリ感があると思っていたのですが、素人の私には
タント(TANTO)との違いは感じませんでした。

カーブをした時の足回りの粘りも
ともにバスを乗っているような感じでした・・・。


ウェイク画像00015.jpg

また、ウェイク(WAKE)は運転席の位置が高くアイポイントが
高いというのが評判です。


しかし、運転席の位置の高さも、
実際に座ってみると運転席からの眺めも大きな
違いを感じませんでした。

ディーラーさんに話を聞いても、
「ウェイク(WAKE)とタント(TANTO)では、乗り心地に違いは
それ程無いですよ。」

と、言っていました。

クルマに詳しいディーラーさんでも
違いがそれ程無いといっているので、私には分らないのかも
しれません・・・。

ウェイク画像00008.jpg

厳密に言うと、ウェイク(WAKE)の方が車体重量が重いため
燃費・加速力は劣っているのかもしれません。


ただ、実際に運転してみると
私は違いを感じる事ができませんでした。


ウェイク(WAKE)とタント(TANTO)では燃費の差があります。

しかし、もし燃費の事を気にしないのであれば、
好みや使い勝手、機能の違いなどで購入するクルマを選ぶのが
良いのかなと思いました。

posted by デカデカ at 23:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

ウェイク(WAKE)の欠点!?|ハスラーと悩んでいる人は注意・・・。

ウェイク画像00005.jpg

ウェイク(WAKE)/デカデカ(DECA DECA)はアウトドアやレジャーで
使用される事を目的としたオプションが多く用意されています。

なので、大きさこそ異なりますが、
大ヒットしているハスラー(Hustler)が競合車・ライバル車と
言われていますね。

ハスラー0001.jpg

そんなウェイク(WAKE)/デカデカ(DECA DECA)ですが、
競合車のハスラー(Hustler)よりもやはり走破性で
はどうしても劣ってしまうようです。


ハスラー(Hustler)に乗っている友人に教えて貰ったのですが、
このクルマだとちょっとした雪道やオフロード・でこぼこ道でも
カンタンに運転する事ができるようです。

どうやらハスラー(Hustler)では、
ベースとなっているワゴンRよりも車高が高くなっており
また、サスペンションも特製のモノにしているようです。


なので、本格的なオフロードまでは無理なものの
雪道やちょっとしたでこぼこ道では難なく運転できるようです。

友人もハスラー(Hustler)で路面が凍結した道を
運転したようですが、特に問題なく運転できたようです。

ウェイク画像00015.jpg

一方、ウェイク(WAKE)/デカデカ(DECA DECA)は
レジャー志向とはいえ、あくまでもレジャーに行く時に
困る大荷物を載せることができるクルマと言ったスタンス。

ウェイク画像00013.JPG

なので、ハスラー(Hustler)のようにでこぼこ道や
オフロードの走行はあまり得意では無いようです。


ディーラーさんは雪道でも大丈夫ですよ〜っとは、
言っていましたが、ハスラー(Hustler)には劣りそうです。

ウェイク画像00023.jpg

ウェイク(WAKE)/デカデカ(DECA DECA)とハスラー(Hustler)では、
見た目はかなり近いですが根本的なコンセプトが異なります。

走り優先か、室内の収納スペース優先かで
購入するクルマを選んでも良いかもしれませんね。

posted by デカデカ at 22:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。