ダイハツ ウェイク最新情報局 〜細部まで徹底レビュー〜

ダイハツから発売されるウルトラハイト系ワゴンのウェイク/デカデカ(DECA DECA)。試乗の感想・口コミ、評価から欠点まで徹底的にレビューします。
 

カテゴリー:サイズについて

2014年11月04日

ウェイク/デカデカ(DECA DECA)は広い!?|タントとサイズを比較

ウェイク画像00003.jpg

軽自動車の新ジャンルウルトラハイト系ワゴンの
ウェイク/デカデカ(DECA DECA)がいよいよ2014年11月10日に
発売されますね。

どうやらウェイク/デカデカ(DECA DECA)はスズキから発売されて
大ヒットした軽SUVのハスラー(Hustler)に対抗して
2トーンカラーも発売するみたいで、こちらも注目ですね。


このようにカラーバリエーションも注目の
ウェイク/デカデカ(DECA DECA)ですが、やはり一番の注目は
室内空間の広さやサイズ。

ウェイク画像00002.jpg

そこでウェイク/デカデカ(DECA DECA)とスーパーハイト系ワゴンの
タント(TANTO)のボディサイズなどを比較してみました。



●タント(TANTO)のサイズ
全長:3,395o
全幅:1,475o
全高:1,750o
室内高:1,365o

●ウェイク/デカデカ(DECA DECA)のサイズ
全長:3,395o
全幅:1,475o
全高:1,835o
室内高:1,455o

タント画像0001.jpg

ウェイク/デカデカ(DECA DECA)もタント(TANTO)も
軽自動車なので、全長・全幅は制限があるため全く同じサイズ。

唯一異なるのは全高。
全高はタント(TANTO)に比べてウェイク/デカデカ(DECA DECA)の方が
約85oほど高くなっているようです。

ウェイク画像00001.jpg

また、室内高も約90oほど高くなっています。
室内高が1,455oという事は、
ちょっと小柄な女性や子供は普通に立てちゃいますね^^

室内で子育てする時は嬉しいかもしれませんね。

また、ウェイク/デカデカ(DECA DECA)はラゲッジルーム(荷室)もかなり
広く設計されているみたいです。


ウェイク/デカデカ(DECA DECA)はタント(TANTO)と違いをだすために
アウトドアを楽しむ人などをターゲットにしている
ようですが、これなら子育てでも十分活用できそうですね。

早く実車を見て、タント(TANTO)との違いを実感したいですね。



posted by デカデカ at 17:10| サイズについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。