ダイハツ ウェイク最新情報局 〜細部まで徹底レビュー〜

ダイハツから発売されるウルトラハイト系ワゴンのウェイク/デカデカ(DECA DECA)。試乗の感想・口コミ、評価から欠点まで徹底的にレビューします。
 

カテゴリー:内装・インテリア

2015年05月10日

ダイハツ ウェイクのメリット|運転席まわりの収納スペースが多い

ウェイク画像00004.jpg

ダイハツから発売されているウルトラハイト系ワゴンの
ウェイク(WAKE)

ウェイク(WAKE)は背が高いクルマなだけあって
広い荷室(ラゲッジスペース)や床下収納などが魅力ですよね。

釣り道具などを室内の天井の部分においても、
天井までゆとりのある頭上空間は良いですよね。

それ以外で私が良い部分・メリットと感じている点は、
運転席まわりの収納スペースの多さ。


ウェイク(WAKE)では、驚くほど多くの収納スペースが用意されています。


まず目に付くのは、助手席前にある大きなスペースの
大型インパネトレイ。


ウェイク画像00100.jpg

最上位グレードのGグレードには、滑らないようにマット付きなのも
オシャレで嬉しいです。

また、ウェイク(WAKE)の大型インパネトレイの下にある
グローブボックスは、このような感じ。


ウェイク画像00103.jpg

こちらもかなり広く作られています。


また、ウェイク(WAKE)のインパネの中央にも収納力がいっぱい。
中央のインパネの足元には、インパネセンターポケットが装備されています。

ウェイク画像00105.jpg

奥行きが無いのがちょっと残念ですが、
地図やCDなどを置いておくのには良いのかなと思いました。

また、カーナビとシフトレバーの間の部分にも
ちょっと小さいですが、収納スペースが装備されています。


こちらもウェイク(WAKE)の最上位グレードのGグレードには、
滑り止めのゴムマットが装備されています。


ウェイク画像00101.jpg


そして、ウェイク(WAKE)の収納スペースで
一番工夫されているのは、運転席回り。


ウェイク(WAKE)はセンターメーターを装備しているので、
ハンドルの置くの部分は、フタつきの大きな収納スペースが
装備しています。

ウェイク画像00098.jpg

運転席から手が届く範囲にこれ程大きな
収納スペースがあるのは、珍しいですよね。
これはセンターメータのメリットの一つだと思いました。

また、エンジンスタータースイッチの下の部分には
ETCを装備する部分も収納スペースになっています。

ウェイク画像00104.jpg


また、アップの写真は取り忘れてしまいましたが
ハンドルの下の部分も収納スペースが装備されていました。


ウェイク画像00099.jpg

雑巾などウェットティッシュなど
ちょっとした物を置いておくには良いかもしれませんね。


このようにウェイク(WAKE)では、運転席まわりの収納スペースは
多く用意されています。
これはウェイク(WAKE)のメリットだと思いました。



posted by デカデカ at 23:38| 内装・インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

ダイハツ ウェイクの収納スペース|アウトドアにも便利な収納場所

ウェイク画像00005.jpg

ダイハツから発売中のウルトラハイト系ワゴンの
ウェイク(WAKE)

ダイハツ ウェイク(WAKE)は、
アウトドア目的で使われる事を考えてデザインしたクルマ。
なので、アウトドアで役立つような収納スペースが
たくさん装備されています。


荷室(ラゲッジスペース)の床下収納などもとても
使いやすそうなのですが、個人的にコレは良いな〜っと
思ったのは、助手席下のアンダーボックス。

ダイハツから発売されたウェイク(WAKE)の助手席の下には、
このようにアンダーボックスが装備されています。


ウェイク画像00036.jpg

このようなアンダーボックスは、
スズキの軽自動車ではよく装備されていますが、
ダイハツのクルマで装備されるのは、珍しいですよね。

たしか同じダイハツのタント(TANTO)には、
装備されていなかったように思えます。


このウェイク(WAKE)のアンダーボックスの素材は、プラスチック。
アウトドアで子供が遊ぶ用なおもちゃやボールなどを
入れておくのには、便利そうですよね。

また、ダイハツ ウェイク(WAKE)はカンタンに取り外して
洗い流す事もできるので、ビーチやプールで履いた
ビーチサンダルなどを置いておくのにも良いのかなと思いました。

ちなみに、このアンダーボックスは取り外しも可能です。
このボックスを取り外すとこのようになります。

ウェイク画像00037.jpg


また、このダイハツ ウェイク(WAKE)の使用方法もとっても簡単。
助手席の座面のところには、このようにストラップが装備されています。


ウェイク画像00092.JPG

このストラップを引っ張るだけで、
ウェイク(WAKE)の助手席の座面が持ち上がり、このアンダーボックスが
現れます。


ダイハツ ウェイク(WAKE)の競合車のスズキのハスラー(Hustler)の
アンダーボックスのように取っ手が装備されていないのが
ちょっと残念でしたが、使い勝手は良いと思いました。

ウェイク(WAKE)の広い荷室の床下収納ばかりが注目を集めていますが、
外せて使えるこのアンダーボックスも良いと思いました。

posted by デカデカ at 23:41| 内装・インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

センターメーターのメリットは?|ダイハツ ウェイクのメーター

ウェイク画像00004.jpg

ダイハツから発売されているウルトラハイト系ワゴンの
ウェイク(WAKE)では、センターメーターが採用されています。

ダイハツ ウェイク(WAKE)が発売される当初は、
タント(TANTO)と差別化を図るために通常のメーターを
使うのかも!?と、ちょっと期待していました。

しかし、実際ウェイクが発売されたら
タント(TANTO)と同じセンターメーターとなっていました。


ウェイク画像00061.jpg

この2つのクルマでは、センターメーター以外にもにも
数多くの共通点があります。

ウェイク(WAKE)でタント(TANTO)同様にセンターメーターが
使われたのは、ダイハツにしてみれば当然の流れ
だったのかもしれませんね。

ウェイク画像00015.jpg

この賛否両論のあるダイハツのセンターメーターですが、
ディーラーさんに話を聞くと、メリットがあるみたいです。


ダイハツ ウェイク(WAKE)のセンターメーターの
主なメリットは、次の2つのようです。

■視界の移動が少ない
ウェイク(WAKE)のセンターメーターは、中央のダッシュボードの上に
装備されています。

通常のメーターよりも高い位置にメーターがあるため、
メーターなどを見る際に、視界の移動が少ないとの事。


ウェイク画像00065.jpg

メーターを見ているうちに、
前走車がブレーキをかけていて、気が付かずに追突・・・。
などと言った、不注意の追突事故の防止に役立つとの事。

確かにセンターメーターに慣れれば、
視界の移動は少ないので、事故防止には繋がるのかなと
思いました。

ウェイク画像00060.jpg


■収納スペースの確保
ダイハツから発売されたウェイク(WAKE)の場合、
このようにハンドルの奥に、大き目の収納ボックスが
装備されています。

ウェイク画像00066.jpg

この部分は、通常クルマのメーターが装備されている部分。
これは、メーターをインパネの中央に持ってきたからこそ
可能になった収納スペースです。

運転席まわりにこれ程大きな収納スペースがあるのは、
嬉しいですよね。

ダイハツ ウェイク(WAKE)のハンドルがちょっと邪魔なので、
使い勝手はスゴイ良いというわけではありません。
しかし、運転席回りにこんない大きな収納スペースがあるのは
良かったです。


お財布や携帯など身の回りのモノをポンっと
置いておくのにはとても良さそうなスペースですよね。


このようにウェイク(WAKE)のセンターメーターにも
様々なメリットがあります。

このセンターメーターに慣れれば、
使い勝手も良くなるのかもしれませんね。

posted by デカデカ at 21:00| 内装・インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。