ダイハツ ウェイク最新情報局 〜細部まで徹底レビュー〜

ダイハツから発売されるウルトラハイト系ワゴンのウェイク/デカデカ(DECA DECA)。試乗の感想・口コミ、評価から欠点まで徹底的にレビューします。
 

カテゴリー:荷室・ラゲッジルーム

2015年02月05日

ダイハツ ウェイク(WAKE)荷室サイズ|荷室は広い!?

ウェイク画像00004.jpg

ダイハツから発売されたウェイク(WAKE)
一番の特徴と言えば、広い収納スペースですよね。

奥行きは制限があるので、タント(TANTO)など
スーパーハイト系ワゴンのクルマと大差はありませんでした。

しかし、FF車では多いな床下収納があり、
また、室内の高さがあるためスーパーハイト系ワゴンよりも
収納力はあると思いました。

そんなダイハツ ウェイク(WAKE)の荷室サイズ/ラゲッジスペースの
サイズはこのようになっています。


■ダイハツ ウェイク(WAKE)の荷室サイズ
・高さ
フロアからの高さ:1140mm
床下収納使用時 :1460o

・奥行き:
後部座席使用時の最小: 330o
後部座席使用時の最大: 570o
後部座席格納時の最小:1260o
後部座席格納時の最大:1450o

・横幅:
フロア長最小横幅:750o
フロア長最大横幅:860o

ウェイク画像00022.jpg

私も実際にダイハツ ウェイク(WAKE)の荷室を見たのですが、
後部座席を一番前にした時や後部座席を格納した時は
かなり使い勝手が良いと思いました。

また、何よりも高さがあるので、
ゴルフバックやスノボーなど背の高い荷物も縦型で
積み込めるのも良いと思いました。


ゴルフバックなどを縦型につめれば、
後部座席にも人が乗れますしね^^

ウェイク画像00024.jpg

また、個人的にダイハツ ウェイク(WAKE)で
気に入ったのは、床下収納。


最近の軽自動車では床下収納があるクルマは増えてきましたが、
これほど広い収納スペースのあるクルマは見たことがありませんでした。

>>> ウェイク(WAKE)の床下収納のサイズはコチラから

モノを積む機会が多く収納力のあるクルマに乗りたかったら
ダイハツ ウェイク(WAKE)は購入候補から外せませんね^^



posted by デカデカ at 23:29| 荷室・ラゲッジルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

荷室(ラゲッジスペース)は広い!?|ウェイクにダンボールを積んで実験

ウェイク画像00004.jpg

ダイハツから発売されたウェイク(WAKE)
一番の魅力と言えば、やはり荷室(ラゲッジスペース)
ですよね。

ウェイク(WAKE)の荷室(ラゲッジスペース)は、
背が高いだけでは無く、広い床下収納があるのも嬉しいですよね。

ウェイク画像00024.jpg

そんなウェイク(WAKE)ですが、
先日ダイハツに行った時にディーラーさんがどれ程
ダンボールを積む事ができるか実験をしてみせてくれました。


ディーラーさんが用意したダンボールは、2種類

■ダンボール 大
・45cm×32.5cm×31cm

■ダンボール 小
・26.5cm×20.5cm×25.7cm

ウェイク画像00019.jpg

後部座席を格納しない状態でも、
ダイハツ ウェイク(WAKE)はこの程度積む事ができました。

ダンボール(大)・・・8個
ダンボール(小)・・・2個


これだけ見ても分らないと思いますが、
ディーラーさんに話を聞くとこれはかなりスゴイ数値みたいです。


ウェイク(WAKE)よりも大きさの小さいスーパーハイト系ワゴンの
タント(TANTO)では、高さが足りずダンボールを6個ぐらいまでしか
積む事ができないようです。

私も実際に見ましたが、
この背の高さを生かした収納力はさすがと思いました。

ウェイク画像00023.jpg

実際、今回ダンボールを積んでいるのを見て、
一人暮らしの引越し程度ならウェイク(WAKE)でできるのではないかと
思ってしまいました。


荷物をたくさん積んだり、アウトドアなど趣味でクルマを使いたい方は
やはりウェイク(WAKE)の方が良いなと思いました。

posted by デカデカ at 22:21| 荷室・ラゲッジルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

ダイハツウェイク(WAKE)のラゲッジスペース|床下収納のサイズは!?

ウェイク画像00004.jpg

先日、ダイハツから発売されているウルトラハイト軽ワゴンの
ウェイク(WAKE)を見に行ってきました。

室内が広いのも良かったのですが、
個人的にとても良いと思ったのが荷室(ラゲッジスペース)の下の
床下収納がとても広いことです。


ウェイク画像00019.jpg

画像で見てみるとこのようになっているのですが、
実際に見てみるともっと広く思えました。

ウェイク画像00027.jpg

ウェイク画像00038.jpg

そんなダイハツ ウェイク(WAKE)のアンダーボックスの広さを
先日ディーラーに行ったときに調べてもらいました。

実際にウェイク(WAKE)の床下収納の広さはこのように
なっているようです


■ウェイク(WAKE)の床下収納のサイズ
深さ :32cm
奥行き:64cm
横幅 :46cm

ウェイク画像00006.jpg

床下収納が装備されている車は多くありませんが
この広さは嬉しいですよね。


この床下収納だけでも
かなり様々なものを積む事が出来そうだと思いました。


ちなみに、妹の高い軽自動車で床下収納(アンダーボックス)を
装備しているクルマは、ダイハツ ウェイク(WAKE)だけのようです。


タント画像0001.jpg

スーパーハイト系ワゴンのダイハツのタント(TANTO)や
ホンダのN-BOX(Nボックス)などには装備されていないみたい・・・。

この床下収納だけでも
ダイハツ ウェイク(WAKE)のメリットですよね。


また、この広さがあるのはFF車のみのようです。
私はまだ見たことありませんが4WD車の床下収納は
FF車に比べて狭くなっているようです。

この点は注意が必要そうですね。
posted by デカデカ at 22:23| 荷室・ラゲッジルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。