ダイハツ ウェイク最新情報局 〜細部まで徹底レビュー〜

ダイハツから発売されるウルトラハイト系ワゴンのウェイク/デカデカ(DECA DECA)。試乗の感想・口コミ、評価から欠点まで徹底的にレビューします。
 

カテゴリー:ラゲッジスペース・荷室について

2015年03月10日

隙間と段差が気になる|ウェイク(WAKE)のトランクの欠点

ウェイク画像00005.jpg

ウェイク(WAKE)はダイハツから発売された背の高い
ウルトラハイト系ワゴン。

室内・トランク(荷室)が他の軽自動車に比べて広いので、
キャンプや釣り・バーベキューなどアウトドアに行くのには
持ってこいですよね。

ウェイク画像00023.jpg

また、ウェイク(WAKE)のトランク(ラゲッジスペース)は汚れても
良いようにラゲッジボードはプラスチック素材になっているのも
好印象ですよね。

ウェイク画像00022.jpg

とても使いやすそうなダイハツ ウェイク(WAKE)の
荷室(ラゲッジスペース)ですが、試乗した時に荷物を積んで
ちょっと気になった事がありますた。

それは、ダイハツ ウェイク(WAKE)の段差と隙間。


ダイハツ ウェイク(WAKE)の後部座席を格納した時は、
このように広いトランク(荷室)を作る事が可能です。

ウェイク画像00053.JPG

しかし、このようによ〜っく見ると
ラゲッジスペースと荷室のフロアに隙間ができてしまいます。


ウェイク画像00055.JPG

また、トランク(ラゲッジスペース)と後部座席の背もたれのところに
少し段差も出来てしまっています。


ウェイク画像00054.JPG

私も試乗した時に使い勝手をチェックするために、
荷物をラゲッジスペースに積んで、置くまで押し込んでみたところ・・・
この段差の部分でつかえて、とまってしましました。


ちょっと面倒ですが、ウェイク(WAKE)に安定して荷物を積むためには、
ラゲッジスペースの部分と後部座席の背もたれの部分で分けて
荷物を積んだ方が良いのかなと思いました。

ウェイク画像00049.jpg

できたら、ダイハツ ウェイク(WAKE)でも後部座席の背もたれと
ラゲッジスペースの背もたれのところに隙間や段差が
できないように工夫をして貰いたかったです。


この段差と隙間のおかげで、ダイハツ ウェイク(WAKE)の
トランク(荷室)の使い勝手の良さは、損なわれています。

実際購入する前にしっかりと確認した方が良いと思いますよ。



posted by デカデカ at 23:19| ラゲッジスペース・荷室について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

新型ウェイクのラゲッジスペースのゲート|女性は注意が必要かも…!?

ウェイク画像00004.jpg

ダイハツから発売された新型ウェイク(WAKE)/デカデカは、
タント(TANTO)などスーパーハイト系ワゴンよりも大きいことから
ウルトラハイト系ワゴンと呼ばれています。

荷室(ラゲッジスペース)もこのように
広くなっています。


ウェイク画像00022.jpg

床下収納も2WDならこのように広く
使い勝手が良さそうですよね。

ウェイク画像00024.jpg

そんな新型ウェイク(WAKE)/デカデカですが、
ちょっと気になるのはラゲッジゲートの高さと重さ。


新型ウェイク(WAKE)/デカデカは背が高いクルマなので、
ラゲッジゲートを開けたときはこのような状態になります。

このゲートの取っ手の高さは、約1750o。
ちょっと高いですよね。

ウェイク画像00018.jpg

また、新型ウェイク(WAKE)/デカデカは背の高いクルマなので、
ラゲッジゲートもその分重さもあります。


このクルマのラゲッジゲートでは、
軽量化するために特製の樹脂を使っているみたいですが、
それでもちょっと重たいと感じました。


私のような普通の男性なら難なく届く高さですし、
また、ラゲッジゲートの重さに関してもそれ程苦になる
レベルではありません。

しかし、ちょっと小柄な女性や子供だと、
ちょっと大変だと思いました。


特に新型ウェイク(WAKE)/デカデカは高さがあるので、
ラゲッジゲートにストラップを装備するなど開け閉めしやすい
装備をつけてくれたら良かったのにと思いました。

小柄な女性などは、ラゲッジゲートの開け閉めを
試すなどした方が良いかもしれませんね。

posted by デカデカ at 22:38| ラゲッジスペース・荷室について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

ゴルフバックは何個積める?|ウェイク(WAKE)の荷室・ラゲッジスペース

ウェイク画像00004.jpg

ダイハツから発売された新ジャンルの軽自動車
ウェイク(WAKE)/デカデカ(DECA DECA)

背が高く収納スペースも充実しているので、
長距離のレジャーに行くのには持って来いですよね。

ウェイク画像00019.jpg

特に荷物が多くなるゴルフなどに行くのには
かなり良さそうですよね。

ウェイク画像00018.jpg

そんなウェイク(WAKE)/デカデカ(DECA DECA)ですが、
ディーラーさんにゴルフバックを何個くらい
積む事ができるか確認してみました。

どうやら通常サイズのゴルフバックなら、デッキボードを開けて、
3個縦積みで積み込む事ができるみたいです。


しかも、縦に積み込む事ができるので、
後部座席を格納する必要はなく、4人まで乗車する事が
可能のようです。

ウェイク画像00031.jpg

また、ウェイク(WAKE)/デカデカ(DECA DECA)でゴルフバックを
積み込んでも高さに余裕があるので、後方の視界もしっかりと
確保できて安全に運転できるみたいです。


荷物をいっぱい運転しても後方が観やすいのは
ドライバーとしては、かなり助かりますよね。

やはり運転をしていて、バックミラーを見たとき、
荷物で何も見えなかったら、不安になっちゃいますから・・・。


ちなみに、ウェイク(WAKE)/デカデカ(DECA DECA)の競合車の
N-BOX+(Nボックスプラス)でも縦置きで3つ〜4つ
置くことが可能みたいです。

N-BOX0001.jpg

しかし、 N-BOX+(Nボックスプラス)の場合縦置きをすると、
ゴルフバックが天井ギリギリになってしまい、
後方は全く見えなくなってしまうようです。



このような事を考えると、
ウェイク(WAKE)/デカデカ(DECA DECA)の背の高さは
かなりアドバンテージがありますよね。

posted by デカデカ at 18:30| ラゲッジスペース・荷室について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。